2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
2009.11/15 (Sun)

Dear+12月号

「Dear+12月号」を買いました。

Dear+ (ディアプラス) 2009年 12月号Dear+ (ディアプラス) 2009年 12月号
(2009/11/14)

商品詳細を見る

「是-ZE」が読みたくて・・・
先月は連載がなくて、買ってなくて
今月も読まないでおこうと思ったのですが
我慢できず買ってしまいました jumee☆faceA104

志水先生の情報も載ってました。
今月から全集も出るんですよね。
ちょっとお高いので購入迷ってます・・・

是-ZEのコミック9巻の発売も決定したし、
ファンブックも出ます!
楽しみです きゃー嬉

是-ZE- 彰伊×阿沙利編、クライマックスですね!
ネタばれなので
感想などこちらから。。。こちら


【More・・・】

コミック8巻からの続きが
9月号から連載されてます。
11月号はなかったので3回目の連載ですね。
今月号までのお話をざっと・・・

阿沙利が白紙に戻ってしまい
和記に阿沙利を再生しろと詰め寄った彰伊。
再生しても元の記憶は無い琴を承知の上で、
それでも希望は捨てない
と、すごい迫力でしたね・・・。
そのあと、お話は過去の話へ
彰伊が言霊師として初めて仕事をするところです。
紙様として仕えるはずの阿沙利は
彰伊の前に顔も出しません。
そんな中、災悪を自分に降りかからせて言霊を使います。
言霊師に仕えなければ白紙の戻すと言われ
しぶしぶ傷だらけの彰伊のもとへ行き
傷を移す阿沙利・・・

阿沙利が自分を恨んでいると知って
紙様として頼れず、自分で傷を受ける彰伊。
それでも、彰伊の傷を移す阿沙利
二人の気持ちが通じ合わないまま
言霊師の仕事は続いていきます。

彰伊には自分しか頼るものがないと知った阿沙利は
紙様として彰伊に仕えると誓います。
それからは阿沙利にどんどん傷を移ししていく彰伊
それがどんなことになるか思いもしないで・・・

「この糸は阿沙利を縛る
 滅びが来るまで・・・」

といって阿沙利を縛っていた赤い糸
それが緩んできたことに阿沙利は気づきます。
そしてそれが何を意味するかも・・・

ウルウルしてきました 涙
だって、もう阿沙利が白紙になっちゃうのはわかってて
辛すぎです! 
時間をかけて二人の間に信頼ができてきたのに
やっと心から結ばれたのに・・・
もうこの二人の話は一番辛いです!

もし、阿沙利が再生したとしても
(多分再生すると思うけど)
まさか記憶が残るとは思えないし
(残ったら嬉しいけど!)
彰伊は辛い思いをするよね。
この二人には絶対幸せになって欲しいと思ってるのに ねこ
阿沙利はすごくすごく好きなキャラなんです ねこ

コミック発売は4月だから、
彰伊×阿沙利編の連載は
少なくてもあと2回くらいはあるよね。
どうなるのか気になります・・・ねこ

きっと次号も買いです ハート


スポンサーサイト
23:54  |  BL関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bloodflower09.blog38.fc2.com/tb.php/165-c4c59a9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |