2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
2009.12/14 (Mon)

「Dear+」1月号

今日は「Dear+」の発売日 太陽
仕事帰りに近くの本屋に寄ったら
1冊しかなかったよ!買えてよかった jumee☆faceA51

Dear+ (ディアプラス) 2010年 01月号Dear+ (ディアプラス) 2010年 01月号
(2009/12/14)

商品詳細を見る

あまりに表紙が良かったので
画像大きくしてみました イェイ
読むのは明日にしようと思ったのですが
開いたらカラーだし!止まらなくなって・・・
思わず読んでしまいました 汗
「是‐ze‐」だけですけど! 

彰伊×阿沙利編、まだ終わりじゃないみたいですね
って終われないですよね!終わって欲しくない!

いや~、涙なしでは読めないです 涙

(ネタばれしてますので・・・感想こちらから ↓ )


【More・・・】

扉の文章がいいです。切ない・・・

 雪のように、逝きたいと思っていた。
 なんものこさず、消えて。
 逝きのこす想いなんて、なにもないと思ぉてた。

 
 お前の肌を知るまでは・・・。

阿沙利は彰伊のことを好きではなかった
だからそう思っていたんですよね。
消えることは嫌じゃなくて、といより、
主が亡くなった時、自分も消えてしまいたいと思ってた。
しょうがなく彰伊の紙様になってて
でも、彰伊の自分を想う気持ちを知って
肌を触れ合ううちに、彰伊への想いがだんだんと
強くなっていった。

でもそれに気づいた時には自分の寿命が
もう長くないことを知った・・・
傷を治す力も弱くなっていって、
彰伊の前から姿を消して・・・
この話って、1巻(でしたっけ)にありましたよね。
家出してた話

結局、彰伊が迎えに来て戻りますが
そのあとですよね、2人が契を交わすのは

そして彰伊の「愛してる」の言葉に
初めて、自分の気持ちを言おうとしたのに
次に目が覚めたらちゃんと言うっていったのに・・・ ねこ
もう決して目を覚まさなくなって・・・ 
このシーン、もう何度か書かれてますが
何度見ても泣けてきます 号泣

阿沙利も、もう一人で逝きたいなんて思わなくて
必死に生きたいと、彰伊とともに生きたいと思って、涙を・・・
この涙は白紙になるってことなんだけど
本当に辛くて悲しかったんだよね。
悲しすぎです・・・ 傘

阿沙利はすごく好きなキャラで
彰伊とのカップルもすごく好きで
この話はとっても、とっても悲しいです。

次のお話し、どうなるかドキドキするけど
早く読みたい!

この彰伊×阿沙利編、9巻で4月に出るんですよね。
絶対、幸せに、Happy Endにして欲しい!

ファンブックも出るみたいなので
「是」の世界を堪能できますね!


スポンサーサイト
23:34  |  BLコミック・小説  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bloodflower09.blog38.fc2.com/tb.php/186-fed4f8e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |