2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
2010.03/22 (Mon)

ドラマCD「ロミオとジュリエット」

昨日届いたCD、楽しみにしてたので
早速聴きました!
ロミオとジュリエットロミオとジュリエット
(2010/03/25)
石田彰、神谷浩史

商品詳細を見る

おススメ度:

【キャスト】
ロミオ:石田彰
ジュリエット:神谷浩史
ロレンス:神父竹本英史
乳母:楠大典
ティボルト:石川英郎
マキューシオ:菅沼久義
ベンヴォーリオ:成瀬誠  他

お話は誰もが知ってるシェークスピアのお話です。
このシリーズは男性のみのキャストですが
お笑い要素はなく、真面目なお話です。
女性の役を男性がやっているので話し方とか
面白いと思うこともあるかもしれませんが・・・
今回は、女性役が少ないこともあって
違和感まったくありませんでした!

【More・・・】


すっごく良かったです!
何がって、神谷さんが素敵でした 
女性役、まったく違和感なし!
ジュリエットって、芯が強くて行動力のある人だと思うんです。
そういうところがとっても良く出てました。
しかも可愛かった 
ホント可愛かった!!!
(くどい!)
ロミオ@石田さん
もうこちらは安心して聴いていられました。
石田さんの声って王子様っぽいなぁって思ってたので 

クライマックスシーンでは
ジュリエットを失った悲しみを表現するセリフが迫真に迫っていて
本当につらく悲しい思いが伝わってきました。
思わず涙が・・・ 
本当に可哀そうなお話ですね。

あと、乳母の大典さんがすごく自然で良かったです。
ご本人はキャストコメントで
「初めてのことなので(女性役の出来が)わかりません。」
っておっしゃってましたけど
いや~とっても良かったです!

キャストコメントでは、神谷さん
みなさんに「かわいい!」って言われてました 
コメントの声が小さかったです。照れですかね・・・
石田さんは「よっ、ロミオ」って言われて
「ありがとうございます!」ってノリがよかったけど、
なんか神谷さん可愛かった 
(またかっ!)

初回版にフリートークCDがついてました。
石田さん、神谷さんの2人トークです。
神谷さんは1年も前にこのお話を聞いていたらしいのですが
忘れていたとか・・・
女性の役をやるというのも考えてなかったみたいです。
相手(ロミオ役)が石田さんだと聞いて、
まさに自分が描いていた理想のロミオだと思って
やる気が出たって言ってました。
(やっぱりそうですよね~)
石田さんの相手役をしかも女性役でできたのは
光栄なことであり、記念になりますとも言ってました。
石田さんも、ジュリエットの役は男性とはいえ
色気のある人でないと、と思っていたらしく
実際にCDを聞いていただければわかると思いますが
と言ったうえで
まさに神谷さんはピッタリだとおっしゃっていました 
「(神谷ジュリエットに)恋をしたくなりました!」
とも言ってました!
神谷さんは笑ってましたけど、
それってホメ言葉ですよね!
確かに可愛かったけど、色気もありました。
神谷さんホントにすごいです 
ぜひぜひ、実際に聴いてみてください!

次回作、第4弾「ベルサイユのばら」も
すっごく楽しみです!
(今度はゆっちーが出るよ~! 

スポンサーサイト
23:13  |  ドラマCD  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●参考になりました!
男性声優だけでロミジュリとはこれ如何に、と思ってましたが、記事を読ませて頂いて興味が出ました!
石田さんのロミオは確かに合いますね!
ヒロCのジュリエットも気になる~。
可愛いんですね!ww
メイトに行ったら買っちゃいそう♪
零都 |  2010.03.23(火) 17:17 | URL |  【編集】
●RE:零都さん
ヘタな感想ですみませんです。。。
少しでも雰囲気が伝わって
良かったです!

零都さん的には、次作のベルばらの方が
気になっておられるのでは・・・
わたしも、楽しみにしてます!
なんてったってゆっちーですからね~!

(零都さんのゆっちーCDレビューも
 楽しく拝見させていただいてますv)

りでる |  2010.03.24(水) 00:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bloodflower09.blog38.fc2.com/tb.php/250-087f2f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |