2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.04/15 (Fri)

雑誌購入!&感想

14日は「Dear+」の発売日!
近くの本屋さんには入荷が少ないので
無いこともあり、ドキドキしながら買いに行きました。
あったよ!1冊
多分これで売り切れだろうな・・・

Dear+ (ディアプラス) 2011年 05月号 [雑誌]Dear+ (ディアプラス)
2011年 05月号

(2011/04/14)

商品詳細を見る

表紙がステキ 
そうなんです!
「是-ZE-」が最終話です!
すっごく好きな作品だったので
終わってしまうのはとても淋しいです・・・
読んでしまうのはもったいないと思いながら
はやる気持ちを抑えられず
ドキドキしながら読みました!

ちょっとネタバレになりますが感想を・・・

この最終章がはじまったときから
なんとなく終わりは見えていたような気がしますが
どこかでハッピーエンドを望んでいたような・・・
今までの物語の全てにつながる話がここにあるんですよね。
(あたり前なんですけど)
それぞれ色々な運命を背負ってきて
それぞれそれなりに幸せをつかんできて
最後にこの物語の鍵になっている和記が
幸せにならないなんておかしいよねって
思って読んでました。
力一と真鉄が死んでからどんな気持ちで
一族を守ってきたんでしょう。
ずっと真鉄を生き返らせなかった和記の気持ちは
どんなものだったんでしょう。
阿沙利が戻ってきたとき、和記の中にほんの少しの
希望がわいてきて、過去を思い返し力一の言葉を思い出し
真鉄に再び命を吹き込む決心をします。
きっと真鉄は以前の真鉄として蘇る・・・
と思ったのですが、それはどうなるか
そこまでは書かれていません。
今回の表紙の絵を見て、昔の真鉄が戻ったんだ!
ハッピーエンド!と思ったんですけど・・・
それは読者の想像次第ということなんですね~
ここで、真鉄も元に戻ってしまったら
じゃあ、氷見はどうして元に戻らなかったんだ
って思ったりもしますが・・・
こちらはこれでよかったんだよね!
(玄間×氷見の話になると長くなるので・・・)
阿沙利は絶対何があっても元に戻って欲しかったからな~
真鉄もきっと元に戻るんだろうな
うん、そう思います!
その後の話、書いてくれるといいんだけど
志水先生お願いします!
とにかく、このお話はホントにホントに大好きでした。
最終巻は7月末に発売予定だという事なので
また初めから読み返したいと思います!
きっとドラマCDも出るのかな?
(そういえばドラマCD4巻聴いてないや・・・!)


スポンサーサイト
10:43  |  BL関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bloodflower09.blog38.fc2.com/tb.php/421-2f719b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。