2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
2011.05/05 (Thu)

「告白~愛のメッセージ集~」

今日は子供の日 
昨日は小野さんのお誕生日だったんですよね。
で、今日は子安さんのお誕生日!
おめでとうございます 
昨日、アニメイトに行ったときに
チラッとこのCDを持っている人を見かけ
前に買ったこの子安さんのCDが聴きたくなって
出してきました。
ほんと、久しぶりに聴きました!

・・・とそのお話の前に
昨日買ったCDを。。。

secret base ~君がくれたもの~ 【通常盤】secret base ~君がくれたもの~ 【通常盤】
(2011/04/27)
本間芽衣子(茅野愛衣)、安城鳴子(戸松遥) 他

商品詳細を見る

カバーの曲です。
すごくいい曲ですよね~
ちょっと懐かしい感じで聴きました。

で、本題の子安さんのCD

告白告白
(2000/01/26)
子安武人

商品詳細を見る

こんなCDです。
多分、買ったのは中古だったかと・・・
アニメイトで販売していたのでちょっとびっくり
かなり前のCDですからね~

今ではこういうメッセージCDみたいなものは
かなり出ていますが
多分これが出たころはあまりなかったんじゃないかな。
こういうCDのはしりじゃないでしょうか。
特に最後のおまけに入っている
「羊を100まで数える」は
今では有名になった「羊でおやすみシリーズ」の
まさにはしり!
とってもいい声で眠気を誘います!

57フレーズのメッセージと
おまけのモーニングコール、
おやすみコール&羊を数える
素敵な子安ボイスがバッチリ堪能できます!
買った頃はほとんど毎日、寝るときに聴いてましたね~
子安さんの声はホント心地良いですから 

ちょっとトラックをこちらにのせておきます!
トラックといってもセリフそのものですけどね。


【More・・・】

トラックリスト
(長いです・・・)モノローグ1
留守番電話のメッセージは君の知らない時間の中
「ボクとデートしよう」
「僕とデートしようぜ」
「君の声が聞きたいんだ…」
「君の声をずっと聞いて…」
「何か話してよ」
「今日学校で…」
モノローグ2
車内の閉鎖された空間は限りなくワイルドに
「帰さない」
「今日は帰さない」
「帰るっていっても」
「帰るっていっても…」
「今日は俺と…」
「一緒の夢をみようぜ」
モノローグ3
波音それはほのかな期待と僅かな鼓動
「こっちへおいで…」
「ね、暖かいだろ」
「もっと暖かくしてあげる」
「もっと暖かくなろう」
「キスしてもいい」
「キスしたいんだ」
「君にキスしてもいい」
「君にキスしたいんだ」
モノローグ4
耳元で囁く科白はスローテンポの曲調で
「いろいろ教えてあげるよ」
「いろいろ教えてあげようか?」
「お前って可愛いよな」
「笑顔が最高に可愛いよ」
「ドジでオッチョコチョイ…」
「好きだぜ」
「好きだよ」
モノローグ5
恋人達のプラットホーム
「いつまでも…」
「君を離したくない」
「君を離したくない…」
「もう離さない…」
「愛してる」
「愛してる。愛してるんだ…」
モノローグ6
街角のノイズは華麗なステップ
ごめん君に嘘ついてた ホントは君のこと…
留守番電話のメッセージは真実の想い
「全てを失っても…」
「ごめん。ホントは君のこと…」
「お前は必ずこの俺が…」
「お前は必ずこの俺が…」
「ほかのこなんか…」
「もっっと君のことがしりたい」
「胸が痛いよ…」
「好きだって言ってごらん」
「愛してるって言ってごらん」
「また明日、夢の中で会おう」
おまけ【1】 モーニングコール
おまけ【2】 おやすみコール
特別おまけ★ ひつじ100まで

長くてすみません!
モーニングコール、おやすみコールは
それぞれ7種類くらいあります。

見ていただければ分かると思いますが
かなりグッとくるものばかりで
かなり前とはいえクオリティ高いです!
聴き始めた頃には毎回のた打ち回ってました(笑)

ファンなら聴きたい1枚ですよね~
出会ったら是非お手に取ってみてください 


スポンサーサイト
14:38  |  その他CD  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bloodflower09.blog38.fc2.com/tb.php/429-50b7e3e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |